二戸郡一戸町にある歯医者、ぽっぽ歯科クリニック

メタルフリー治療

メタルフリー治療とは

メタルフリー治療とは
歯の治療において、虫歯により空いてしまった穴をふさいだり、欠けてしまった歯を補ったりと「詰め物」は欠かせないものです。これらの詰め物は、素材によってその見た目や価格が大きく異なり、選択の幅を広げています。

その中でもメタルフリー治療とは、主にセラミックを材料とした詰め物によるものをさし、金属を一切使わないということから自然な歯の状態に近く、また変色や変性に強いといった特徴があります。

素材にはセラミックの強度をさらに高めたジルコニアを含むものがあるなど、個々の歯の状態や予算などに応じた幅広い選択肢の中から選択することができます。

メタルフリーの主な特徴

  • 金属アレルギー(皮膚症状・脱毛など)がない。
  • 天然歯に近い硬さなので、噛み合わせの歯に負担をかけない。
  • 歯茎の黒ずみがない。
  • 口を大きく開けても詰め物が気にならない。

金属アレルギーについて

アクセサリーなど金属が皮膚に触れて、かゆみやかぶれなどの症状が現れる金属アレルギー。原因は、お口の中の詰め物かもしれません。

長い間、虫歯治療などの詰め物・かぶせ物で金属が使用されてきましたが、これらの金属があなたのアレルゲン物質だとしたら?今は症状が出ていなくても、アレルギーはある日突然発症します。金属の詰め物・かぶせ物を非金属の素材に交換できるのは、歯科医院だけです。

今は、セラミックなどの非金属の素材も数多くありますので、気になる方は是非ご相談ください。
長い目でご自身の歯と健康を考えましょう。

金属(メタル)の弊害

  • 口腔内の細菌バランスが崩れる
  • 味(味覚)の変化
  • 異種金属の混在により、口腔内で電気が流れることがある

メタルフリー治療素材

セラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。とても白く美しい歯にすることができます。

セラミックインレー

セラミックインレー
セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。
金属の詰め物が気になる方におすすめです。
ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。

治療費はやや高くなりますが、詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりになります。

セラミッククラウン

セラミッククラウン
セラミック(陶器)のみで作られた歯のかぶせものです。金属を全く使用していないので、金属アレルギーの方も安心して装着頂けます。

色調や透明感に優れているので、きわめて自然の歯に近いものを再現することができます。そのため、前歯など目立つ部分の歯の治療にも適しています。
歯の色、形、歯並びなどの美しさをトータルに修復、改善できます。

オールセラミック

オールセラミック
現在では歯に審美的効果をもたらす治療として、オールセラミックで行う治療は有名なものになっています。そのオールセラミック治療は名前の通り、すべてにセラミックを使って治療を行うものです。歯のかぶせ物や差し歯などに用いられ、素材の透明感は天然の歯と同等かそれ以上にあります。

また、形も自在に作れるので、周りの歯と協調性を持たせることができ、違和感もなく治療する前の歯よりもきれいな状態になります。そのため、特に前歯などの審美性を高める治療に適しています。また、金属を使わないので金属アレルギーの人にも対応が可能なものとなっています。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック
セラミックは透明感のある歯によく似た質感の素材ですが、割れやすいため、歯ぎしりがある患者さんには使えないという特徴がありました。ハイブリッドセラミックは、セラミックにプラスチックを混ぜることで、硬さとやわらかさを併せ持ち、きれいな見た目はそのままになりました。

ハイブリッドセラミックは金属を一切使用しないために、金属アレルギーの患者さんにも安心して使うことができます。ただ、長年使っていると少しずつ変色していくことがあり、全く変色しないセラミックと同様と考えることはできません。上手く使うことで、手頃な価格できれいな白い歯を作ることができます。

セレックとは

セレックとは
当院では、セレックシステムを完備しております。
セレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。

コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。
最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。

歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的です。
また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。

※1DAY治療は、治療費が高くなります。

セレックの特徴

[特徴1] より天然歯に近づいた、審美的質感
さまざまな歯の色に対応し、隣接歯に良く馴染む新セラミックは審美性に大変優れ、咬み心地や舌触りなど質感も天然歯に近い自然な感触です。

[特徴2] 安心・安全、身体にやさしいセラミック
金属アレルギーの心配がない生体親和性の高い新セラミックは、変色や変形といった心配もなく、安心・安全・身体にやさしい素材です。完成した修復物は、接着理論に基づきセットされることで、10年間で90%以上の残存率を実現する、優れた耐久性を誇ります。

[特徴3] 通院1日・最短1時間での治療も可能
オリジナルに限りなく近い詰め物や被せ物を、その場で設計・加工、仮歯不要で衛生的な方法です。症例によって異なりますが、通院1日・最短1時間での治療も可能です。

[特徴4] コンピュータによる精度の高い修復物
先端のコンピュータシステムは、従来の手作業に比べ大幅に時間短縮を実現。常に安定した高品質、高精度の修復物を提供することが可能になりました。

セレック治療の流れ

[STEP1] スキャン(型取り)

[STEP1] スキャン(型取り)
歯を削ったあと、3D光学カメラで口腔内を撮影
治療する部分を削ったあとは、3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)。型取りの不快感を味わうことはありません。
わずか数秒の作業で、患部の歯列がモニター上に再現されます。 ※症例により型取りが必要な場合もあります。

[STEP2] 修復部設計

[STEP2] 修復部設計
コンピュータの3D画面上で修復物を設計
モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。
設計後は様々な色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。

[STEP3] 修復部作製

[STEP3] 修復部作製
ミリングマシンが設計データを基に加工
ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます

[STEP4] 口腔内セット

[STEP4] 口腔内セット
口腔内へセットして治療完了
先進的な接着技術を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。
これで治療完了となります。なお、STEP1からSTEP4までにかかる時間は、たいていの場合は1時間程度です。

メタルボンド

メタルボンド
当院では、ブリッジのみメタルボンドの取り扱いをしております。
虫歯などで歯が欠けたところに被せ物などをするとき、素材がセラミックだと耐久性に不安があります。かといって金属を使ってしまえば、笑った時などに治療箇所がわかってしまいます。

メタルボンドは、見た目と強度の問題を解決するために金属のフレームの上にセラミックを焼きつけたもので、自然な色合いとまではいきませんが、見た目がきれいに仕上がります。
ただし、使い続けることで歯茎が痩せて、徐々に金属部分が露出したりするおそれがあります。
金属部分が溶け出すということについては、使用する金属を貴金属にしておくことで防ぐことが可能です。